第五回「ドールオーナさんと交流しよう!」

前回→第四回「ドールで遊んでみよう!」

交流しよう!

趣味を新しく始めたら、やっぱり同好の士が欲しいですよね。
あ、別に要らないという方はブラウザバックで問題ありません。
多少なりとも「友達欲しいよ!」って方は引き続きお付き合いください。

SNSをはじめよう

周りを見回して近くにドールオーナーさんが居そうなら、その方とまず仲良くなるのが言いと思うのですが、そうそうリアルでは見つからないものです。
というわけで、文明の利器に頼りましょう。そう、インターネットです。
手軽に始めて見つけやすいのはSNSです。私のオススメはTwitterとInstagramです。
どちらも写真とタグを付けるとない時より反応がよくなります。
写真はスマホで十分です。もっといい写真が撮りたいと思ったらきちんとしたカメラの購入を検討しても問題ありません。
タグはTwitterなら「#ドールオーナーさんと繋がりたい」「#うちのこかわいい」、Instagramなら「#doll」「#BJD」「#メーカー名(#superdollfieなど)」あたりがオススメです。
自分でタグを付けなくてもタグの付いている投稿で好みのものにメッセージを送ってもいいです。
とりあえず、一人と仲良くなることを目指しましょう。
フォロワーさんのフォロワーさんはドールに対する趣味やスタンスが近いことが多いので、仲良くなれる可能性が高いです。もちろん新規開拓してもいいですよ。

イベントに参加しよう

仲良くなったらイベントに誘われることもあるかもしれません。
ここでいうイベントは各地で開催されているドール用品を売る即売会です。アイドールやドールショウが有名です。
で、そのイベントに行って何をするかというと買い物ももちろんなのですが、交流のメインは撮影会です。
主催側が設けている撮影スペースを使う場合や、近くのカラオケでやる場合とがあります。
撮影会後にお茶や食事に行くことも多いです。

オフ会に参加しよう

慣れてきた、もしくは人見知りしない社交的な方なら撮影オフ会に参加するのもいいと思います。
Twitterで「ドール 撮影会」で検索すると時々募集ツイートを発見できます。
場所や予算などを検討して合いそうなら主催の方をフォローして参加表明をしましょう。
主催の方と面識を持っておくと、会場でとりあえずボッチにならずに済みます。たぶん。
10人前後以上の募集が多いので、大人数が苦手な方はよく考えましょう。
私は無理でした!

必要なのはスマホと少しの勇気

気づいたかと思いますが、ドール界隈においてコミュニケーションに必要なのはドールとスマホ、そして少しの勇気です。
ネット上でもリアルで会う場合でも「ドールの写真を撮る」という事が付いて回ります。
まぁ、「SNSをはじめよう」の部分でも書きましたが、スマホのカメラでも十分です。
撮るときの注意点としては「手ブレに気をつける」「余計なものを写さない」の二点です。後は愛で何とかなるでしょうし、もっと魅力的な写真が撮りたいと思えば勉強をすると思うので。
とは言え、もっとキチンと知りたい方もいることでしょう。そんな方にはこちらの本がオススメです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Photogenicドール・フォト・レシピ [ 五十嵐椛 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/5/4時点)

というわけで、超入門講座は今回で終了です。
超入門、という事で今回省いたカスタムのお話はまたの機会に書きます。
まだまだドールの世界は奥が深いので、その辺も掘り下げられたらなと思います。
それでは!
引き続きお付き合いください。

スポンサーリンク
336
336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする